*

2019年12月

国府台奮闘記その⑪☆乳幼児服薬講座を開催しました☆

国府台松井です。

2019/12/9(月)市川シャポー1Fむすぶばで、乳幼児服薬講座を開催しました。

平日にも関わらず、午前の部 午後の部とも満員御礼♬・。♬・。

かわいいわが子のために、熱心に参加するお母さんたちの姿がありました。

真剣にメモをとるお母さん。φ(..)メモメモ

保湿剤の塗り方の説明。

保湿剤を使っても、子どものお肌がカサカサ、ほっぺが赤いというお悩み。。。

塗布量が足りていないのですよ!遠慮せずしっかりたっぷり塗ってokです☆☆と、実演してみせる矢口講師。

点眼薬、お子さんが怖がって暴れるのでなかなか点眼できないというお悩みも、今日で解決☆☆

抗生物質、何と混ぜたら飲みやすい?

2種類の坐薬、どちらを先に使う??

ほー!!ふーん!!♪と頷くお母さんたち。

2部とも大盛況のうちに閉会しました♪・。♬・。

今日から自信を持ってお薬使えるね、お母さん☆!(^^)!☆

国府台奮闘記その⑩☆お誕生日大作戦☆彡

2019/12/7 

今日は金子薬局長のお誕生日☆

お誕生日大作戦決行します!

金子が外出した隙に、皆でせっせと飾り付け♬♬

あ!帰ってきた!

『ん?なになに?』(既に嬉しそう。。)

ハッピーバースデーソングを流しながら、声高らかに歌うスタッフ♬・。♬・。♬

フーーー!!

大5本小4本のろうそくに灯った火が一気に消えました♬

☆54歳☆おめでとうございまーす☆♬・。♬・。☆

プレゼントは薬局内ではくサンダル!(^^)!

『ちょうど買おうと思っていたんだよね~』だって♬

サイズぴったり!(金子がいない時に、こっそり靴の裏のサイズチェックしておいたからね)

54歳なのに プレートにたけしくん と書いてもらった(笑)

☆大成功☆さすが矢口企画部長!(実は本当に広告代理店企画営業部出身です♪)

2020オリンピック サーフィン会場

こんにちわ、一宮海岸の藤平です。

最近は大分気温も下がってきて冬らしくなってきました。海水温も大分下がってきており、厳しい季節になってきましたが、例年よりは大分温かいかと思います。いい中年ですが頑張って海に入っております。

さて、当店舗から車で10分ほどのところに、2020年東京オリンピックのサーフィン会場である釣ヶ崎海岸、通称志田下があります。開催まで1年をきり、会場も工事のほうが徐々に進んできています。

釣ヶ崎海岸入口
会場前の鳥居
工事が進んでます

今日の波は風は少なく、波の面はよいですが、サイズダウンでいまひとつなかんじでした。オリンピックのときはいい波がたつことを期待したいです。

国府台奮闘記その⑨♪自転車通勤♪

国府台 松井です♪♪

2019/12/3 国府台薬局長金子が自転車通勤デビューを果たしました!♪☆♪☆

ビビットなオレンジ色で元気になりそう♬

タイヤもしっかりしているし結構立派。

これなら楽しく通勤できちゃいそう♪♪(勝手に試乗した矢口)

いやいや、でも、片道17Kmですよ、県外からの通勤ですよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

『無理無理!止めときな!』とスタッフ皆に止められても、金子の満ち溢れる熱意は揺るぎません!!

通勤初日、道に迷い、さらにチェーンが外れるというアクシデント発生!!

それでもめげないめげない♬

負けない負けない♬♬

冷静に対処し、爽快な表情で薬局に到着した金子でした♪・。♪・。♪・。

疲れもみせず、普段通り業務をこなすところはさすが薬局長です!!

国府台奮闘記その⑧インフルエンザ!

国府台 松井です。

2019/12/3 薬局長金子よりお休みのTELがありました。

♪・。金子より♪・。~

2週間ほど前にインフルエンザの流行のシーズン入りのニュースがあったかと思いますが

国府台店金子家でも、末っ子が罹患しました!!!

『トレンドに敏感な』と思いきや、彼の小学校では既に数名が発症しお休みしているとのことでした。

国府台店では、主たる処方元が神経内科ですので、受付処方箋からはあまり流行の様子が感じられませんが、感染症情報センターの週報などを見ると、確かに昨年より流行の立ち上がりが早いことが見て取れます。

末の息子(小学2年)は、上のお兄ちゃん(小学5年)と比肩し得るほど体格も大きく、通称アニキと呼ばれていますが、今日はかなりグロッキーな様子です。

本日は私が看病に当たるため、業務はお休みをいただきました。スタッフの皆さん、よろしくお願いします。

♪・。♪・。♪・。今日は残りのスタッフで頑張ります☆♪・。♪・。♪・。

国府台奮闘記その⑦☆ヘルプマーク☆

国府台松井です。

突然ですが、ヘルプマークをご存知ですか??

(2019/11/30撮影)

国府台店では、このマークストラップを身につけて来局される患者さんが多くいらっしゃいます。

ヘルプマークとは

難病患者さんや、内部障害、人工関節、義足の方など、外見上からは病気とわかりにくい方でも、周囲の理解や手助けを得られるように身につけるマークです。

このマークをつけた方を見かけたら、席を譲ったり、手助けをお願いします!

ヘルプマークの裏面には、病名や助けてほしい内容などが書いてあります!

ヘルプマークはもともと東京から始まりましたが、今年の夏からは千葉県でも配布されています♪

ヘルプマーク認知度UPのために、写真を載せることを快諾してくださった患者さん☆

ありがとうございます!(^^)!

難病を抱えた方でも、普通にお出かけしたいし、電車に乗って行きたい所だってあるでしょう。

だけど、電車で辛くなったら、転倒したら・・・・

やっぱりおとなしく家にいたほうが良いのかな・・・

そんな不安を抱えているかもしれません。

ですが!!ヘルプマークという安心を身につけていれば、すれ違う何十人・何百人もの目で彼らを見守る事ができますよね☆

あの人はヘルプマークをつけている。何か病気なんだな。『大丈夫ですか?座ってください(*^_^*)』

こうやってスムーズに、声をかけ合い助けることが、ごく自然で当たり前の世の中になりますように☆彡