鈴の音
バックナンバー:  
2015年1月号

<冬はヒートショックに注意しましょう>
ヒートショックとは、温度変化の激しい場所へ急に移動した時に、体が受けるストレスのことです。ヒートショックを受けると血圧は急変し、脳卒中や心筋梗塞などにつながる恐れがあります。今回はヒートショックについて冬の入浴を中心に紹介します。


<ヒートショックのメカニズム>
 人の体は体温を一定に保つために、血圧や脈拍を常に変化させています。温度変化の激しい場所に移動すると血管が急激に収縮したり拡張したりして血圧や脈拍に変動を起こします。血圧の大きな変化は、脳出血や脳梗塞を誘発する原因になります。またこの時、心臓には非常に大きな負担がかかっていて、心筋梗塞の原因にもなります。

<ヒートショックの起こりやすい場所>
 ヒートショックは温度変化の激しい場所で起こります。特に寒い冬の時期は、「浴室」が一番危険な場所とされています。年間の入浴死の半数以上が12月〜3月までの4ヶ月間に集中していて、その原因の多くがヒートショックだと考えられています。冬の入浴には注意が必要です。

<入浴時の温度管理>
 居室と脱衣所と風呂場の温度差をできるだけ小さくしましょう。10℃以上寒いところに移動すると血管が収縮して血圧が上昇します。また脱衣により体はさらに寒さを感じて血圧が急上昇します。このまま熱い湯船に入ると、今度は、体は熱さを感じて血管を広げ、血圧の急激な低下が起こります。この時の血圧低下で意識を失い湯船で溺れる事故が起こります。
 日本人は熱めのお風呂(42℃くらい)が好きな人が多い様です。しかし、あまり温度が高いと血圧の変化も大きくなってしまいます。冬はぬるめのお風呂(40℃以下)にしましょう。湯船に入る時もいきなり肩まで入らずに、ゆっくりと時間をかけて足からつかるようにしましょう。

<ヒートショックによる事故を防ぐために>
 冬の寒い時期は、お風呂場以外でもトイレなど寒暖差の激しい場所ではヒートショックが起こります。以下の点に注意してヒートショックによる事故を未然に防ぎましょう。

・脱衣所やトイレは小型の暖房機などを使い温めておく。
・風呂場の床はスノコやマットを敷き急激な温度変化を防止する。
・入浴の少し前に浴槽のフタを外し、浴室全体を暖めておく。
・寒い夜中や早朝は避けて、日中や夕方に入浴する。
・飲酒後や食後すぐの入浴は避ける。
・入浴の前後にはコップ一杯程度の水分を補給する。