*

2021年2月

猫に危険な切り花

このコロナ禍でおうち時間が増え、花に癒されたいと花を飾る人が増えているそうです。猫がいるけど花に癒されたい、と思っている人も多いのではないでしょうか?猫にも癒され、花にも癒されるためには、猫に危険な花がどれかを知っておく必要があります。猫に危険な花は、猫が行かない部屋(↑のようにトイレ等)に飾れば安心です。

↑猫に安全な花は、玄関やダイニングに飾ることができます。

そのためにも、猫に危険な切り花と、比較的安全と言われている花を表にまとめてみました。猫に安全と言われているけど危険という説もある場合は、危険の方にまとめてあります。特に危険な切り花は赤字で表示しました。お花屋さんで手に入る花で、鉢花は含めません。

猫に危険な切り花

名前症状有毒部位
アイビー皮膚炎 消化器症状不明
アガパンサス皮膚炎、口の中の炎症不明
朝顔胃腸炎、血圧低下、瞳孔散大、幻覚種 ツタ 葉
アジサイ消化器症状 けいれん全株
アネモネ水ぶくれ、口の中の炎症、胃腸炎全草
アマリリス胃腸炎、肝障害特に球根
アリウム溶血性貧血 胃腸症状全草
オーニソガラム心臓疾患全草
オリエンタルリリー腎不全全草
カーネーション接触性皮膚炎、胃腸炎葉?
カスミソウ接触性皮膚炎、胃腸炎、喘息、鼻の炎症全草
カランコエ嘔吐 下痢 多量のよだれ全草
キキョウ胃腸炎、呼吸困難、心不全全草
キク皮膚炎、嘔吐全草?
ギボウシ嘔吐 下痢 多量のよだれ全草
キンポウゲ消化器症状、心不全、皮膚炎、幻覚全草
グラジオラス接触性皮膚炎 消化器症状 球根?
クリスマスローズ消化器症状、不整脈、血圧低下、心不全全草
クレマチス胃腸炎全草
グロリオサ腎不全全草
ジギタリス胃腸炎、けいれん、不整脈、高カリウム血症、心停止全草
シクラメン胃腸炎全草
シャクナゲ胃腸炎、不整脈、視力障害、麻痺全株
芍薬皮膚炎、胃腸障害、血圧低下乳液
ジャスミン呼吸困難、けいれん、麻痺全草
スイートピー神経麻痺全草
スイセン嘔吐 血圧低下 胃腸炎 心不全全草
スズラン胃腸炎、腎不全、心不全全草
スパティフィラム吐き気 口の中に炎症全草
センダン胃腸炎、けいれん、呼吸停止、心停止樹皮 果実
タチアオイ胃腸炎、腎不全、心不全、視力障害、呼吸困難全草
ダリア皮膚炎、胃腸炎
チューリップ皮膚炎、心不全全草
ツツジ嘔吐、不整脈全株
デージー皮膚炎 消化器症状
デルフィニウムけいれん、呼吸困難、心不全全草
トウゴマ胃腸炎、散瞳、興奮、体温低下全草
ドラセナ胃腸炎、麻痺、瞳孔拡大、腹痛全株
ニチニチソウ全身麻痺、呼吸困難全草
パンジー ビオラ嘔吐、麻痺種子 根茎
ヒヤシンス皮膚炎、心不全球根
フィロデンドロン皮膚炎、胃腸炎、腎不全
フジバカマ出血茎葉
プリムラ皮膚炎、口内炎、胃腸炎葉、花
ポインセチア皮膚炎 消化器症状全株
ほおずき胃腸炎、血便、めまい、呼吸困難未熟な果実、葉
ぼたん皮膚炎、胃腸障害、血圧低下乳液
ポトス吐き気 口内炎全株
ホワイトレースフラワー皮膚炎?全草
マーガレット皮膚炎 消化器症状樹液
ミントの仲間発熱 呼吸困難 高血圧 腎不全 肝障害全草
モンステラ皮膚炎、口内炎全草
ユリ腎不全全草
ラナンキュラス胃腸炎、皮膚炎全草
リコリス皮膚炎、胃腸炎、中枢神経麻痺全草
リンドウリンドウ中毒?
ルピナス呼吸困難、麻痺、嘔吐全草
ワラビ貧血、運動失調、不整脈、癌全草
ここに記載した以外にも危険な植物はたくさんあります

猫に安全と言われている切り花

名前症状有毒部位
ガーベラ  
ケイトウ  
スターチス  
デンファレ  
バラ 種、実には毒あり
ヒマワリ  
リシアンサスマタタビのような中毒性ありなので注意 

上に挙げた植物もきちんと安全性が証明されたわけではありませんので、心配なら猫のいる空間に持ち込まない方が無難かもしれません。

参考文献  土橋 豊「人もペットも気をつけたい 園芸有毒植物図鑑」淡交社

河津桜

ベル薬局の近く、養老川の堤に植えられた河津桜が満開です。

今日は風が強いですが、散らずに咲き誇っています。

例年、この時期に咲きますが、寒さの戻りがあったりしてお花見にはちょっと厳しいかな。花の見頃も1週間くらいです。

風が止んだら、ゆっくり散歩してみてはいかがでしょう。