*

2021年4月

イースター?🥚

こんにちは ( ^ω^ )  姉崎駅前店です❗

 

 

4月に入り、色とりどりのお花が元気に出迎えてくれる季節になりました。

空を見上げると

桜は緑の葉に衣替えを済ましてしまいましたが

足元ではたくさんのお花達が気持ちを明るくしてくれます。

 

 

お外も暖かくなりお散歩が楽しいですね🎵

 

 

 

 

話は変わって・・・

 

 

 

皆様は『イースター』ってご存じでしょうか❓

 

 

今年のイースターは 4/4(日) だったそうです。

 

 

最近は時期になるとTVのCM等で『イースター』という言葉を耳にする事が多いですが

昭和生まれの私には馴染みがなく『???』という感じです。

 

正直、ハロウィンですらピンときていないです。💦💦

あはは・・・💦(お恥ずかしい (/ω\)

 

 

今回はイースターについて触れたいと思います。

 

 

 

 

 

イースターの日本語訳は「復活祭」

 

十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが3日目に復活したことを記念する祝祭で

キリスト教においてはクリスマスと並ぶ重要な行事なんだそうです。

 

 

イースター(Easter)の名称は

春の女神エオストレ(Eoster)や春の月エオストレモナト(Eostremonat)に由来するといわれ

春の祭りとキリスト復活のイメージが結びついたと考えられているそうです。

 

 

ちなみに

春の女神は太陽とともにやってくるため

太陽が昇る東を「イースト(East)」と呼ぶようになったそうです。

 

 

イースターは、キリストの復活と春の到来を祝うお祭りみたいですね。

 

 

 

イースターは「春分の日以降、最初の満月の日の次に来る日曜日」に祝うため

以下のように毎年日付が大きく変わるみたいです。

 

2022年 ⇒ 4/17(日)

2023年 ⇒ 4/9(日) 

2024年 ⇒ 3/31(日)

2025年 ⇒ 4/20(日)

 

 

 

イースターのモチーフと言えば

カラフルな卵の「イースターエッグ」や、ウサギの「イースターバニー」

 

新しい命が生まれ出てくる卵は

生命や復活の象徴で

ウサギは多産であるため、繁栄や豊穣の象徴とされているそうです。

 

 

 

クリスマスやバレンタイン、ハロウィンに続き

日本でも徐々に広がりつつあるイースター

 

テーマパークなどのイースターイベントもありますが

自宅でイースターパーティを楽しむのもいいですね🥚

 

 

部屋のデコレーションアイテムは、100円ショップや雑貨店をチェック❗

 

 

イースターエッグ作りは

生卵に小さな穴を空けて中身を抜いてからペイントするか

卵をゆでてから食紅で染める方法が一般的だとか。

 

 

もっと手軽に楽しむなら

シールやマスキングテープを貼るだけでもいいですね。

できあがったイースターエッグはかごや紙製の卵入れにいれて

ウサギの飾りも添えると雰囲気がでるそうですよ。

 

 

お子さんと手作りを楽しむのも面白そうですね💖

 

 

 

来年は 4/17(日)ということですので

ご興味のある方は是非 (‘◡’) 💖

 

 

 

 

 

 

 

国府台奮闘記その㉑~wax〜

2021/4/6こんにちは

 国府台店松井です(*^_^*)

当店近くの里見公園の桜

柏市あけぼの山農業公園のチューリップ畑
体に赤いメッシュを入れた個性的なチューリップ♡まるで『私は私らしく!』と言っているようです📸

すっかり春ですね🌷

最近は桜、チューリップ、ポピー、ネモフィラとお花に癒されます💛❤️

当店舗も、お花に負けじと?床のワックスがけが入り、キレイになりましたよ。

↑ビフォー

アフター❤️

夜の22時過ぎの疲れているであろう時間に、作業をしてくれた業者さんありがとうございます😊