*

ためして薬膳~夏の養生~

こんにちは

ベル薬局辰巳台です😊

もう少しで梅雨も明け、夏本番がやってきますね~🌞

コロナ対策も引き続き行っていかなければならないので、今年の夏は、例年以上に暑さとの闘いになりますね😓

そこで、今回は、「夏の養生」について、お送りします。

ただでさえ暑い夏☀そこに、マスクをしていると、体に熱がこもりやすくなってしまいます。マスクをしていると喉の渇きを感じにくくなったり、ついつい億劫で水分補給が減ってしまったりと、熱中症をおこしやすい状態に・・・😓

意識的に水分補給を心がけていくとともに、食事🍴でも暑さ対策をしていきましょう❕

夏の食養生としては・・・

  • 清熱作用のある食べ物で体にこもった熱を冷ましてあげましょう。

夏が旬の野菜類は、熱を冷ましてくれる作用があり、以下のようなものがおすすめです。

トマト、きゅうり、ナス、ゴーヤ、冬瓜、みょうが、スイカなど

  • ほてった体は水分が失われて潤い不足に。潤いを補ってくれる食材も合わせてとっていきましょう‽ 

豆腐、豚肉、あさり、白ごま、豆乳、牛乳などがおすすめです!

沖縄の郷土料理のゴーヤチャンプルーや、宮崎の冷や汁は、まさに理にかなった夏の養生食ですね!

また、スイカもたっぷりの水分とともに、糖分やビタミン、ミネラルを含み、さらに塩をふって食べることにより、汗で失われた塩分も補給でき、まさに「食べる点滴」と言っても良いくらいですね。

先人の知恵にあっぱれです!!

今回は、夏野菜をたっぷり摂れる二品をご紹介します!

~ナスの揚げびたし~

揚げナスを、酢をきかせたしょうゆダレに漬け込みました。ゴマやネギ、シソ、みょうがなどの薬味と相性抜群です。

お酢は、疲労回復効果があるので、暑さでお疲れ気味のお方にもおすすめです。

~トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ~

バジルではなく、シソをのせ、和テイストに仕上げました!

暑くなり始めの頃は、暑さに慣れていないため、汗で上手く熱を逃がすことができず、熱中症になりやすいです。日頃から、軽く汗をかく程度の運動を心がけ、夏本番に備えましょう❢

次回は、「貧血」についてお送りします👩