*

医療安全講習 AEDの使い方などについて

門前のクリニックさんのスタッフと合同でAEDの使い方などの講習を行いました。現役の消防士さんに直接指導をしていただきました

上に見える赤いバックにAEDが入っています。下の人形を使い心肺蘇生の心臓マッサージとAED使用法を練習します

① 倒れている人を見つけたら肩を叩いたり大きな声で意識があるかまず確認です。意識がない時にはすぐに周りの人に119番通報とAEDを持ってきてもらいます

② 耳を口や鼻に近づけ、自発呼吸の有無の確認をします。呼吸がなければ心肺蘇生のために心臓マッサージの開始です

1分間に100回位のテンポでマッサージを行うそうですが、実際にやってみるととても大変な作業でした。汗だくになってしまいます

③ AEDが到着したら装着です。種類により操作方法は少し違うそうですが、基本的には電源を入れればAEDが操作手順を音声で教えてくれます。

気を付けることは、除細動パッドを貼る前に体が濡れていないか、倒れている場所が濡れていないかの確認です。濡れている場合は拭いたり、乾いている場所に移動させます。そのまま行うと感電の危険もありますし、AEDが正常に作動しない事もあるようです。

ショックが必要かどうかもAEDが判断してくれます。ショックが必要な時はその指示がAEDからでますが、その時には倒れている人には触れず、必ず離れてからショックを行います。

これを救急車到着まで繰り返すそうです。

年に一度くらいの頻度ですでに3回講習を受けていますが、いざと言う時にスムーズにこれらの行動が出来るかどうか・・・。