*

ためして薬膳~貧血編~

こんにちは😊

ベル薬局辰巳台です😄

まだまだ、暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか❔

今回は、「貧血」についてお送りします👩

貧血にも色々なタイプがありますが、最も一般的なのが鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」ですね💦

「何だか疲れやすい」、「息切れする」など感じていたら、血液検査で貧血を指摘されたなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか❔

中医学では、このような状態を「血虚」ととらえます。

「血」は、各臓器や、筋肉、脳などへ、酸素や栄養、潤いを届け、心身共に元気な状態を維持する役割を担っています。

したがって、「血」が不足してしまうと、「疲れやすさ」や「息切れ」以外にも、

  立ち眩み、動悸、冷え性、脱毛、肌の乾燥、目の乾き、便秘、情緒不安定、不眠、月経量が少ない・・・など様々な不調が現れてしまいます💦

中医学に、「女子は血を以って本となす」という言葉があります。これは、女性の美しさや健康の基本は「血」にあるという意味です。それだけ、女性にとって「血」は大事なもの。

月経や出産で「血」を消耗し、不調も起こりやすくなりますので、しっかり補っていきましょう。

 「血」を補う食材・・・と言ってまず思い浮かぶのはレバーではないでしょうか?

そこで、ちょこちょこ手軽に食べられるレバーパテを作ってみました!

バケットにつけたり、野菜スティックのディップとして、また、ハンバーガーのお肉替わりに使ってもGOOD❣

冷凍保存も可能なので、作り置きしておくと便利ですね🌟

その他にも、以下のものが「血」を補う食材としておススメです🎶

マグロ、カツオ、牡蛎、卵、ほうれん草、ヒジキ、黒ゴマ、黒豆、人参、クコの実、なつめ、プルーン、ブルーベリー、などです。

さらに、症状別におすすめのコンビ食材をご紹介します。

1、疲れやすい、立ち眩み、息切れ、冷え性などの症状が気になる方は、「気」の不足も考えられますので、「血」を補う食材に「気」を補ってくくれるものをプラスしましょう!

「気」を補う食材

豆類、キノコ類、かぼちゃ、山芋、長ネギ、にんにく、しょうが、にら、など

定番の「レバニラ」や「マグロの山かけ」などいいですね!

2、お肌の乾燥や目の乾き、便秘など、体の潤いが不足している状態には、潤いを補う食材をプラス!

「潤い」を補う食材

豆乳、牛乳、豆腐、トマト、レンコン、梨、白ごま、など

ヒジキの煮物を水切りしたお豆腐と混ぜ、白ごまドレッシングで🍴

3、情緒不安定や不眠などの場合は、「気」の巡りを良くする香りのよいものを薬味としてちょい足ししたり、柑橘系の果物をデザートとして召し上がるのもおすすめです。

 「気」の巡りを良くする食材

三つ葉、セリ、パクチー、パセリ、ゆず、レモン、ミカン、オレンジ、など

まだ、残暑が続いておりますが、夏の疲れがどっと出ないよう、しっかり栄養補給して、元気に秋を迎えましょう❣

次回は、「疲れ目👀&ドライアイ👀」についてお送りします🌌